美しい景観と雄大な自然につつまれた北海道三十六不動尊霊場巡拝の旅
 北海道三十六不動尊霊場は、お不動様の御経の中の仏説聖不動経にお不動様の眷属三十六童子とあるところから三十六不動尊霊場と名付けられ、全国には近畿・関東・北関東・東北・北陸・四国・九州外等があります。 北海道は先人の開拓に始まり人跡未踏の地に挑む開拓の人々の苦難を救わんものと安全安心の救済を願い開拓精神に基づき先達教師たちは堂宇を建立し不動信仰の布教所、教会所を開設してきました。 爾来百有余年の星霜を経て、北海道は道北・道東・道南・道央の地をくまなく選定し平成元年に北海道三十六不動尊霊場が開創されました。 北海道の地に霊場信仰文化の花を咲かせたのです。 不動尊の層厚く我が地にも霊場をとの声にこたえ、近年になって聖不動経の八大童子に基づき
番外寺院八ケ寺札所加入を認め増設四十四札所として一新いたしました。 特に北海道の特色として壮大なスケール…
空と海と大地は(信仰・観光・健康)に恵まれた霊場として脚光を得ています。 本年は開創三十周年の記念の年に当たり大法要を企画し、札所三十六番結願札所を会場として行われることと相成りました。 一般参加者を歓迎し、諸願成就を成満せしめ賜わらんことを。
All Rights Reserved Copyright(C) 2009 - 2018 北海道三十六不動尊霊場会