第4番札所 雲風山 大照寺

寺院概要

doji-4

◎ 宗 派 真言宗智山派

◎ 開 創 明治28年

◎ 開基者 佐々木覚動師

◎ 現住職 第3世住職 佐々木宏照師

◎ 寺院本尊 不動明王

 

ご詠歌

開拓を共に歩みし不動尊 比布の慈光 明日へ導く

沿 革

photo4-2明治28年、讃岐(香川県)・伊予(愛媛県)の2段台が開拓に入植すると共に、郷里の雲風山国祐寺(現香川県三豊市)本尊のご分霊である聖観音を祀る小庵を結び、覚動和上が錫を留め開創。

以来、大師信仰を育む寺として信仰を集め、また不動明王・弘法大師・十一面観音像は何れも高野山より勧請した霊尊である。

昭和62年には現本堂の建立・平成18年には北海道八十八ヶ所霊場第25番札所としてその法灯を輝かせている。

当山はオンコ(一位)の寺として地域に知られ又、つつじの時期には多くの人々でにぎわう。

 

不動明王の立像は江戸中期、尊勝曼荼羅は南北朝の作である。

 

 

 

所在地

交通経路

○ JR.宗谷線比布駅より徒歩7分

 

住 所

〒078-0349  上川郡比布町寿町1丁目5番4号

電話 0166-85-2429