Link

涅槃の道場
第32番札所 吉祥院

開場時間 9:00 〜 17:00
36番 新栄寺は 9:00 〜 16:00

第2番札所 退会のため3番札所 真勝寺が朱印預かりとなります
番外2番札所 退会のため新寺院の決定するまで休札所となります

寺院概要

童子

◎ 宗 派 真言宗智山派
◎ 開 創 昭和57年
◎ 開基者 山田壽栄師
◎ 現住職 第2世住職 山田祐源師
◎ 寺院本尊 不動明王

ご詠歌

参りきて北の都の宝壽山
 この世の栄え慈救をとなえて

沿革

吉祥院は昭和55年、川崎大師京都別院「笠原寺」住職大津頼宥僧正様の北の都に尼僧庵を建立しなさいと言うお言葉を頂き山田壽栄尼が本尊大日如来を勧請して、無病息災、水子供養、先祖供養のお寺とし西区平和に吉祥院を開山しました。
昭和57年、寺号公称。
北海道では初めてとなる「一日尼僧修行会」を厳修し同行の輪を広めました。平成元年には、北海道三十六不動尊霊場開創にあわせ檀信徒の浄財により札幌市北区(現所在地)に飛び地境内を取得して吉祥院別院を建立し別院本尊に御身丈3mの「赤目不動明王」を勧請しました
札幌市西区の五天山の麓より現在の地へ移り、不動明王の偉大な加持威力によって理論や科学にて解明できない数々の不思議なお力と御慈悲を頂き壇信徒の心の寄りどころとして、また32歳厄払いの霊験ある寺として近郊はもとより全国各地より多くの参拝者が集まり信仰の菩提心が広まっております。

名所旧跡

札幌空港跡、若力士の碑など。

吉祥院へのアクセス方法

 琴似および麻生の地下鉄バスターミナルから中央バス46番にて北29条西15丁目 下車徒歩3分。

地下鉄南北線北24条地下鉄バスターミナルから北73番にて北29条西15丁目 下車徒歩3分。

JR.学園都市線 新川駅下車 徒歩5分。

高速道路「北インター出口」より、車で15分

高速道路「新川インター出口」より、車で15分

所在地
〒001−0030 札幌市北区北30条西13丁目2番6号
電話 011-757-5940