Link

発心の道場
番外第2番札所 光元院

開場時間 9:00 〜 17:00
36番 新栄寺は 9:00 〜 16:00

第2番札所 退会のため3番札所 真勝寺が朱印預かりとなります

寺院概要

童子

◎ 宗 派 高野山真言宗
◎ 開 創 昭和52年
◎ 開基者 三條妙節師
◎ 現住職 第1世住職 三條妙節師
◎ 寺院本尊 不動明王

ご詠歌


沿革

当光元院の前身は、三浦セン師が始めた樺太(現・サハリン)の祈祷所です。樺太からの引き上げ後は、石狩市生振や芦別頼城において祈祷を行い数多くの信者をお救いいたしました。
その後を受けた現住職三條妙節師は、24歳の時にセン師の後継者に定められて出家得度をしました。
妙節師は、50歳の時に托鉢修行を行い奈良県吉野村において「龍華台院菅生寺を復興せよ」と夢でお告げを受け、当時廃寺と化していた同寺院を15年の歳月をかけて復興しました。
また、現住職は昭和52年の本堂建立、寺号公称の認可を経て開基し平成15年に宗教法人格を取得しました。その後、護摩堂・宿坊・庭園等を整備し平成16年にすべての工事が完了し現在の光元院に至っています。
当院は、毎月7日にセン師の遺徳を偲んで月参りを行い、8月27日に報恩講、2月7日に星祭りを行っています。

霊験談

当院の不動明王は、お告げを現示して人々を救うと信仰されております。
ある信者さまが眼病で悩み、お参りのためお越しになったおり現住職がお告げにより全く別部位に巣くう癌を発見いたしました。また、現住職は不動明王からのお告げに
従った結果、数多くの信者さまから信仰を集める寺院へと発展させました。

名所旧跡

黄金水松

新城峠

空知大滝

新城夫婦滝

三段松

上金剛山展望台

滝里湖オートキャンプ場

滝里ダム資料館

星の降る里百年記念館

旧三井芦別鉄道炭山川橋梁

光元院へのアクセス方法

JR.根室線で芦別駅にて下車。徒歩にて20分で到着致します

中央バスをご利用の方は中央バス、芦別ターミナルで下車
(徒歩20分)

所在地
〒075−0036 芦別市旭町11−4
電話 0124−22−2440