Link

発心の道場
第3番札所 真勝寺

開場時間 9:00 〜 17:00
36番 新栄寺は 9:00 〜 16:00

第2番札所 退会のため3番札所 真勝寺が朱印預かりとなります

寺院概要

童子

◎ 宗 派 真言宗豊山派
◎ 開 創 昭和24年
◎ 開基者 冨士川伝澄師
◎ 現住職 第2世住職 冨士川伝教師
◎ 寺院本尊 不動明王

ご詠歌

芦別に利益あらたか不動尊
 護摩の煙で世世を導く

沿革

開基住職、冨士川傳澄は終戦後芦別に布教の地を求めて寺院建立に着手していました。
この地に不動明王を修め、その利益を広めようと発願して全国行脚の托鉢修行を行い、昭和25年その念願叶い寺院建立と不動明王の奉安が成し遂げられ、当時真言宗豊山派本山教学部長の宮崎識栄僧正導師により開眼法要が厳修され、茲に御本尊を不動明王と定め寺号を真勝寺とし、開基第一世住職に冨士川傳澄が就任しました。
その後、境内には馬頭観音・水子地蔵などの仏様が奉安されました。
創立以来2月の第1日曜日には大護摩祈祷法要が厳修され、多くの壇信徒が参詣に訪れ1年で最も境内を賑わせる一日となっています。

霊験談

純炭鉱地域で大変危険な仕事のため、毎年殉職者が出ていたが例年の護摩祈祷に参詣された人々は災難を逃れていた。
昭和52年の25名が犠牲になったガス爆発事故の際も一人の殉職者が出ず「お不動さん」のお陰と話題になりました。

真勝寺へのアクセス方法

主にJR.かバスをご利用下さい。

所在地
〒075−0162 芦別市東頼城町14
電話 0124−22−3716