Link

菩提の道場
番外第5番 清瀧寺

開場時間 9:00 〜 17:00
36番 新栄寺は 9:00 〜 16:00

第2番札所 退会のため3番札所 真勝寺が朱印預かりとなります
番外2番札所 退会のため新寺院の決定するまで休札所となります

寺院概要

童子

◎ 宗 派 真言宗醍醐
◎ 開 創 明治14年
◎ 開基者 沖本妙道師
◎ 現住職 第3世住職 相原妙光師
◎ 寺院本尊 不動明王

ご詠歌

たきの音さやけき水の流る里
 不動のめぐみうけて永らう

沿革

清瀧寺の発祥は、明治14年に宮城県出身の高橋要吉等によって湧き水が発見され、そのほとりに信仰していた不動明王像を建立したのが始まりです。
その湧き水は霊泉として伝えられ現在も多くの方々に利用されております。
大正時代には、沖本妙道師が修験道場を開き多くの修験行者を育成し代々の住職は沖本妙道以来女性が就任しています。
また、祈祷寺の主旨にのっとり宗教宗派の区別無く誰でも気軽に出入りできるお寺となっています。
当寺境内地奥のお山には、篤信者のによって四国八十八ヶ所のご本尊の石仏が20余年にかけて建立され毎日多くの方々がお参りに訪れています。
毎月21日は、午前11時より正午まで「月並際」に所願成就・厄難消除などの護摩供養法要が行われます。
また、当寺境内地には八十八ヶ所のそれぞれのご本尊が奉安されていますので、ご来寺の際には是非ご参拝下さい。

霊験談

祈祷寺の特色として多くの方々が「御祈祷」「お祓い」そして「御祈願」に訪れます。
特に年末年始には、高校・大学を控えた方々が父母同伴で「合格御札」に再度ご来寺
され寺院関係者共々喜びあっております。

清瀧寺へのアクセス方法

 JR.かバスをご利用下さい。

所在地
〒050−0077 室蘭市天神町19−25
電話 0143-44-4483